>>LINE@限定で有益情報を発信中!

アドセンス審査を合格する必勝法|1記事300円の外注記事でも可能な方法を伝授!

 

ご覧いただきありがとうございます!

 

こちらの記事では、ブログ初心者がGoogleアドセンス申請を合格させる方法について徹底的に解説していきます。

 

 

私はかれこれ5年以上の期間、ブログの収入をメインに生活しています。現在保有してるブログはトレンドブログや出会い系ブログなどいくつかあります。

売却したブログやドメインの期限切れのタイミングに合わせて手放したブログも含めれば数えきれないほどのブログをこれまで作成してきました。

これまで、知人のブログなども入れれば20回以上のアドセンス審査を突破しています。その中で、不合格は1回だけで他はすべて1発合格です。(1回不合格だったブログは2回目で合格してます。)

なので、生意気な言い方かもしれないですが私自身はこれまで「アドセンス合格」というものをそこまで高い壁に感じたことはありませんでした。

 

しかしTwitterを開いて『アドセンス』で検索すると、、

 

「アドセンス審査また落ちた・・・。」

「これで10回目の審査!」

 

などといった声が多く挙がっています。

そういった方はTwitterのプロフィールにブログURLを張り付けてる方が多いので覗いてみると「ここをこうしてこういう記事にすれば合格するのになぁ・・・」と共通するポイントがけっこうあるんですよね。

さらに、新ブログのアイコンとヘッダーを作ろうとココナラを検索してる時にふと気になって「アドセンス 代行」「アドセンス 審査」「アドセンス 合格」などと検索すると、高額な金額で販売してる業者がいる事に気づきました。

 

 

 

驚くことに、3万円やら10万円、中には20万円の金額でアドセンス代行を募集しているのです・・・。

アドセンス合格はブログ飯への大きな1歩ではありますが、ゴールではなくスタート地点です。わたしはまだスタート地点にも立っていないブログ初心者から高額なお金をいただくことはできません。

とはいっても、無料で誰でも読める状態で公開すると読んだだけで実際に行動してくれない人が多くなってしまうこともこれまでの経験で理解しています。

 

なのでこちらの記事は980円程度の有料記事にしようと思ったのですが、さすがにまだアドセンスに合格されてない方からお金を頂くことはできません。。

 

『私まんだりんをフォロー、記事URL付ツイートをリツイート』してくれた方限定に無料公開させていただくことにしました!

 

無料記事ですが、noteやココナラで販売してる500~3000円レベルの記事よりも有益です。

 

【内容】
・アドセンス申請までの5つのステップ
・アドセンス申請の記事の書き方
・1記事300円で審査用記事を外注する方法
・アドセンス審査前の最終チェック7項目

 

せっかくブログを作成してアドセンス広告で収益化を目指しても、アドセンス申請でつまずき無駄な時間を消費してしまってはもったいないです。

 

お金の稼ぎ方は無限にありますが、時間は有限です。

 

ブログ飯を実現させるためにアドセンス申請合格は、大事なステップですがいつまでもこの段階で留まっていてはいつになっても稼げるようになりません。

何回も不合格になったり、効率よくアドセンス申請に合格したいのであれば是非とも最後までお付き合いくださいませ。

 

アドセンス申請までの5つのステップ

 

アドセンス申請までの大まかな流れは以下の5つのステップになります。そこまで時間はかかりませんので、こちらの記事を見ながら1つずつ消化していきましょう!

 

①ワードプレスで個人サイトを開設
②プロフィールを作る
③プライバシーポリシーページを作る
④1記事1500~2000文字で読者ファーストの記事(5〜7記事)を書く
⑤Googleサーチコンソール・Googleアナリティクスの設定

 

①ワードプレスで個人サイトを開設

まずはワードプレスで個人サイトを開設しましょう。無料ブログではなくワードプレスです。

無料ブログでもアドセンス申請を出せますが、不合格になる可能性は高いです。それに合格しても広告が最初からあちこち貼られてる無料ブログでは、アドセンスで稼ぐことはできません。

はてなブログプロ(有料)であれば、どちらの問題も解決できますが個人的にはワードプレス一択ですね。

ワードプレスのテーマは何でもいいのですが、無料テーマのcocoonがおすすめです。このブログのでも使ってますし、私が現在保有してるブログはほとんどcocoonです。

これまで有料テーマも含めていろんなテーマを使用してきましたが、はっきり言ってcocoonだけで充分です。ここだけの話し、ブロガーさんで有料テーマを薦めてるのはアフィリ報酬目当てです。

 

 

②プロフィールを作る

ここからは、cocoonをテーマにしてる前提で画像付きで解説していきますね。

まずは、ダッシュボード画面の「ユーザー」⇒「自分の名前」をクリックします。

 

ニックネームに任意の名前を入力して、ブログ上の表示名を選択します。

 

プロフィール情報欄に、自己紹介や、どういう人に向けたブログなのかを書きます。

 

プロフィール用の画像をアップロードします。

 

ダッシュボード画面の「外観」⇒「ウィジェット」。サイドバーのところに「プロフィール」ボックスをドラッグして入れます。

 

 

タイトルと肩書きラベルを入力して、「保存」⇒「完了」。

 

サイドバーに表示させたプロフィールはこんな感じになります。

 

 

③プライバシーポリシーページを作る

続いてプライバシーポリシーページを作りましょう。

ダッシュボードの「固定ページ」を選択して「新規追加」をクリックします。

 

タイトルに「プライバシーポリシー」と付けて以下の文章をコピペして「ビジュアル」ではなく「テキスト」に張り付けてください。

 

<h2>個人情報の第三者への開示</h2>
当ブログでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。・本人のご了解がある場合
・法令等への協力のため、開示が必要となる場合
・個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。<h2>当サイトに掲載されている広告について</h2>
当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために Cookie (クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定および Google アドセンスに関する詳細は「 広告 ポリシーと規約 Google 」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザに Cookie (クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。<h2>当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて</h2>
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくは<a href=”https://www.google.com/analytics/terms/jp.html”>こちら</a>をご覧ください。

<h2>当サイトへのコメントについて</h2>
当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

<ul><li>当サイトからのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答</li>
<li>ご注文いだいた商品を発送する場合</li>
<li>禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。</li>
<li>その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。</li>
</ul><h2>免責事項</h2>
当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい 。確認後、対応させて頂きます。当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

最後に「公開する」⇒「公開」をクリックして完了です。

 

④1記事1500~2000文字で読者ファーストの記事(5〜7記事)を書く

これまでの経験上、記事数は5~7記事ほどあれば合格できます。文字数は最低でも1記事1500文字は欲しいですね。

ただ、ジャンルがバラバラで統一性のない記事だったり、文字数が少なすぎる記事だと合格はできません。そして、当たり前ではあるんですがコピペ記事は絶対NGです。

 

「ここのブログでしか読めないオリジナルの内容」

「この記事を読んだ読者の生活や考え方の役に立つか」

 

ということを意識して記事を書きましょう。ブログ初心者からすれば、ハードルが高いかもしれないですが、どんなにささいなことでもいいので「実際に自分が体験したこと」であれば簡単に書けます。

 

・最近行った抹茶が美味しいカフェ
・最近買ってよかったリモートワークグッズ
・甥っ子にプレゼントしたら喜ばれたモノ
・●キロ痩せた方法
・札幌でおすすめのカレー屋
・ブログを始める前に読んだ本
・実際に行ってみたおすすめのフットサルコート
etc…

 

ただの日記ではなく、読者に価値を提供できるものであればジャンルは何でもOKです。(アダルトコンテンツ、アルコール・タバコ・違法薬物など、ギャンブルを促すコンテンツ、誹謗中傷コンテンツ、暴力的な内容のコンテンツだけは絶対にNGです。)

同じカテゴリーのものを選んだら、5~7記事書きましょう。1記事ずつ内容を決めるのではなく、書くジャンルを選んだら5~7記事分のタイトルと記事の中身まで、一気に決めちゃった方が手が止まらないで記事が書けるのでおすすめ。

アドセンス申請用の記事なので、そこまで意識して書かなくてもいいですが、

『導入文⇒問いかけ⇒結論⇒体験談⇒まとめ(もう1回結論)』といった構成を意識すれば1500~2000文字程度くらい無理せず書けると思います。

 

ただの日記記事ではダメですが、『オリジナル体験談』などの独自性のある記事はGoogle側に高評価されやすいです。

 

⑤Googleサーチコンソール・Googleアナリティクスの設定

こちらの記事ではGoogleサーチコンソール・Googleアナリティクスそれぞれの設定方法に関しては、割愛させていただきますが、アドセンス審査では重要な要素ですので必ず設定してください。

Googleで「サチコ 設定」「アナリティクス 設定」と検索すれば画像付きでわかりやすく解説してくれてる記事が大量に出てきます。

 

1記事300円で審査用記事を外注する方法

アドセンス申請の記事を自分で書くのが面倒だったり、時間をお金で買いたい方は外注しちゃいましょう。ちなみに私はアドセンス申請する時はだいたい外注です。

 

外注依頼するのはクラウドワークスがおすすめ

クラウドソーシングサービスはいろいろとありますが、私が現在使ってるのは最大手の「クラウドワークス」になります。

ランサーズや他のサービスも使った経験がありますが、クラウドワークスがライターさんの数も多いですし規約的にも一番融通が効くサービスではないかと個人的には思っています。まだ使ったことがない人は登録してみてください。

 

 

アドセンス申請記事のライターさんを募集するのに一番効率が良いのは、「似たような募集を複数投稿する方法」になります。

ざっくりとした流れとしては、以下になります。

①新規投稿で指定した募集案内を投稿
②コピペして5~10個ほど募集案内を投稿
③期限が来たら再掲載し応募が来るまで繰り返す

 

実際に「クラウドワークスの仕事を探す」で「ライター」のキーワードで仕事を探してみれば一目瞭然ですが、ものすごい数の案件がヒットします。この中で自分の募集を目立たせて、かつ安い値段での依頼でライターさんに応募してもらうには戦略が必要になります。

 

とにかく、インプレッション(視認回数)を増やす。

 

仕事を探してるライターさんのインプレッションを増やすには、「似たような募集を複数投稿する方法」が最適なのです。似たような募集を5~10コ投稿することによって、ライターさんの目にあなたが作った投稿が目に止まる確率が上がります。

ただし、クラウドワークスの仕様上まったく同じ依頼をコピペして投稿することはできません。

なので、タイトルと募集内容を少しだけ変えて投稿しましょう。「!」を増やしたり1文字なんかしらの文字を増やしたり変えれば投稿できます。

 

 

募集期間も設定することができるのですが、1~3日くらいがベストです。仕事を探してるライターさんは「新着」と「期限が近い」という並び替え機能を使って検索されるので、できるだけ上位表示させるために募集期間はあまり長く設定しない方が良いです。

募集がこないまま期限切れしても再募集はワンクリックでできます。基本的な流れはこの繰り返しになります。

 

コピペOK!クラウドワークスの募集文

全体的な流れを理解したら、早速外注ライターさんの募集をかけましょう!

まずは「新しい仕事を依頼」をクリックして新規募集を作ります。

 

 

 

 

ページが切り替わったら、「ライティング・記事作成」→「記事・webコンテンツ作成」を選択します。そして「プロジェクト形式」を選択します。

タイトルは、依頼ジャンルに合わせて決めていきます。

・【初心者の方大歓迎!主婦の方おすすめ】簡単な記事ライター募集!ライティングスキルも上達します!長期継続依頼も可能♪

・【初心者大歓迎!】●●市のラーメン店に行った経験がある方大募集!写真があれば特別待遇!

 

依頼タイトルはそこまで深く考える必要はありません。以下のこの3要素を盛り込めば大丈夫です。

・どんなジャンルを書く人を希望するのか
・未経験者や初心者、主婦でもOK!むしろおすすめだということを伝える
・ライティングも学べるというスキルアップ要素

 

 

 

・記事のジャンル:なんでもいいですが私は「その他」を選択しています。

・求めるレベル:初心者

・文字数(1記事あたり) :1500~2000文字

・記事単価:300円(ジャンルによっては200円くらいでも集まります)

・記事数:7記事

 

 

・求めるスキル:空欄

・添付ファイル:添付なし

・特記事項:急募、オフィス訪問不要、未経験可、継続依頼あり、複数人募集、カンタンにチェック入れます。

・依頼詳細(コピペOK↓↓)

募集案内を見ていただきありがとうございます!
運営している●●に特化したブログで、記事を書いていただけるライターさんを募集しています。■■仕事内容■■
・こちらが指定したタイトルや見出しを文章でまとめ記事にしていただきます。
・1記事約1500~2000文字程度となります。慣れれば1記事30分ほどで書けるようになると思います。■■募集条件(※必ず確認)■■
・ライター歴:初心者OK
・タイピング速度:ある程度早い方
・必要な物:PCを持っている(スマホのみは応相談)
・求める人物像:マメな方、記事を書く時間がとれる方■■契約解除条件■■
・数日何も連絡がない
・報酬の交渉をしてくる■■報酬■■
・テストライティング:200円(税込み)
・1記事:300円/1記事(税込み)【重要】応募時の項目ががない応募はお返事をしていません。■■応募時の項目■■
応募希望の方は【必ず】以下の内容をお送り下さいませ。・お名前
・性別
・年齢
・現在のご職業
・パソコン使用歴(ネットサーフィンではなく仕事で使った歴)
・タイピング速度(PC初心者で遅いと不可)
・ライター経験の実績(初心者でもOK)
・作業可能な時間帯と曜日
・応募した理由を述べてください応募時に上記を記載して応募ください(*^^*)
※契約金額は消費税込みで200円になるように設定してくださいませ。■■採用まで■■
1、応募
2、サンプル記事の執筆
3、合格
4、直接やり取りご応募頂いた方には追ってサンプル記事作成のご連絡を致します。■■禁止事項■■
・他サイトからのコピー・納品物の転用を禁止させていただきます。
(納品毎にチェックを行い、コピペ率40%を超えた文章はやり直しをしていただきます)
・記事の所有権は報酬の支払いと共に、当方に帰属するものと致します。————————————————————————–
記事の作成については、わからない部分もあるかと思いますので、 こちらは丁寧に教えたいと思います。

ただ、ビジネスなので同じ間違いを何度も繰り返されてしまうと継続してご依頼はできなくなってしまいます。 マニュアルなども随時お渡ししますので少しずつ記事の執筆ができるようになっていければと思います。

今後ブログやライティングで稼ぎたいと思っている方にはオススメの募集になっていますので真剣に一緒に頑張っていただける方をお待ちしております。

あなたからのご応募お待ちしております!

 

・支払い方式:固定報酬制
・募集人数:「2人以上」を選択して5~8人くらい。
・応募期限:1~3日

 

ここまで入力したら「確認画面に進む」をクリックして不備がなければそのまま進んでいき募集完了です。募集文が完成したら、「仕事管理」、「コピーして新しい仕事を依頼する」を選択して上述したようにタイトルを少し変更して5~10個似た依頼を出しましょう。

 

 

外注ライターとの応募後のやり取り①応募がきてから送るメッセージ

ご応募ありがとうございます!
まずは1記事、200円(税込み)で執筆していただきたいのですがよろしいでしょうか?
その後、継続してご依頼させて頂く場合は1記事300円(税込み)でご依頼させていただく流れになります。

 

外注ライターとの応募後のやり取り②サンプル記事の内容を送る

ご確認いただきありがとうございます!
では早速よろしくお願いいたします。参考URL:
タイトル:・まえがき(今回の記事で紹介する内容を簡単に説明)
・見出し1:
・見出し2:
・見出し3:※とめ書き方はですます口調。末尾は「。」「!」で締めてください。2000文字程度で執筆していただければと思います。納品はGoogleドキュメントでお願い致します。Googleドキュメントでの納品方法がご不明の方はこちらの記事を一読していただければと思います。http://around3s.com/wakaba/kiji-nouhin/サンプル記事なので、どの程度書けるのか見るためのものなので、そこまで気負わずに執筆していただければと思います。納品後はコピぺチェックツールにて、チェックするのでコピペはしないようにお願いいたします。

 

③応募者からのサンプル記事が届いた後

執筆ありがとうございます!
納品記事確認させていただきました。こちらとしては、是非とも今後ご継続してご依頼させていただきたいと思います。記事の報酬をお支払いしますので、お手続きを進めていただいてよろしいでしょうか?

 

ライターさんから応募があった後は、だいたいこのような流れになります。私は継続してお仕事して頂くライターさんとはチャットワークで連絡を取りますが、今回はアドセンス申請用の記事なのでそこまでは不要です。

あと注意点としては、ライターさんの評価で全体的に★が少なく、1回でも(契約終了リクエスト後、返答がないまま1週間が経過したためシステムにより自動評価されました)とついてる人は雇わない方が良いです。

依頼後そのまま音信不通になることもありますので・・・。

 

 

アドセンス審査前の最終チェック7項目

 

①他サイトの文章をコピペしていない?
②投稿間隔が不自然じゃない?
③アフィリエイトリンク貼ってない?
④家族や同居人が同住所でアドセンスアカウントを作成してない?
⑤掲載内容がポリシー違反事項に触れてない?
⑥記事タイトルと内容は一致している?
⑦見出しはちゃんとある?

 

①他サイトの文章をコピペしていない?

アドセンス申請用記事に限らず、コピペ記事は基本的にNGです。

どうしても引用したい場合は、引用タグを使って引用元サイトのURLを記入しましょう。とは言っても、たまにあるのが知らずのうちに自分の書いた記事が他サイトの文面と似たよったものになっていること。

そんなとき使えるのが、「コピペチェックツール」です。これは無料で使えるので、記事ができたらコピペ部分がないか確認しましょう。

 

 

②投稿間隔が不自然じゃない?

いかにも「アドセンス審査のために記事を書きました!」と言ったような、投稿感覚では不合格になる可能性がります。

同じ日に一気にまとめて7記事アップしていたり、数分置きに記事が投稿されていたりするとブログとして不自然ですもんね。。

予約投稿ができるので、同じ日に書いたとしてもアップする日は絶対にずらすようにしましょう。

 

③アフィリエイトリンク貼ってない?

アフィリエイトリンクはなるべく1個も貼らない方が良いです。

Twitterでは、『アフィリリンク貼ってても合格した!』などと報告してる人もいますが、不合格の可能性は少しでも減らしましょう。すでにアフィリリンクが設置してある記事を書いてるのであれば、申請時は非公開にしておいてください。

 

④家族や同居人が同住所でアドセンスアカウントを作成してない?

これはかあなりレアケースですが、家族や同居人が既にアドセンスアカウントを作成されている場合は、同住所に居住=同一人物とみなされ審査に落ちることがあるんです。

自分が知らない間に、ご家族や同居人が既にアドセンスアカウントを作成している場合は、そちらで申請する他いまのところ方法はありません。

 

⑤掲載内容がポリシー違反事項に触れてない?

記事の内容が以下に該当していないか、しっかり確認してください。

・性的なもの
・読み手に強いショックや不快感を与えるもの
・危険物に関するもの
・武器に関するもの
・煙草や危険ドラッグに関するもの
・酒の販売や乱用に関するもの
・ギャンブルに関するもの
・処方薬に関するもの
・未承認の医薬品やサプリメントに関するもの
・Google Play ストアから削除されたアプリに関するもの

『煙草やパチンコが好き』とプロフィールに書いただけでも、審査に落ちているケースを見たことがあるので極力NGワードはどこにも使わないようにしましょう。

また、「ポーカー」や「カジノ」といったギャンブルの単語だけでも、ポリシー違反に該当し不合格となっているケースも見たことがあります。

 

⑥記事タイトルと内容は一致している?

記事タイトルと内容が一致してないのは、意外にもけっこう重要なんですよね。

タイトルと内容が伴わない場合、「タイトルでは○○についてと書かれてあるのに、内容は●●じゃん。。タイトル通り○○についてが書かれていないって事はこれは低品質な記事だね。。」と判定されてしまうのです。記事を書いてから最後にタイトルを書けばその心配はなくなります。

 

⑦見出しはちゃんとある?

記事内の見出しも重要です。見出しはその記事を読みやすくしてくれます。なので読者にとってはあった方が助かりますよね。

『絶対に付けないといけないモノ』ではないのですが、読者ファーストとういう事を第一前提にすれば入れておくべきです。

「読者にとって価値のある親切なページになっているかどうか」という観点で考えると見出しがない記事は「低品質コンテンツ」と捉えられる一つの要素になっている可能性は十分考えられます。

 

まとめ

あらためまして、こちらの記事をご覧いただきありがとうございました!

一応ブログ収入で生計を立ててる身ですが、まだまだ文章力や構成が甘い部分があったかと思います。読みにくい箇所などありましたら申し訳ございません。

 

そして最後に、あなたにお願いがあります。

 

この記事の感想をご自身のTwitterアカウントでツイートしていただけませんでしょうか。

 

「自分にもできそう!」

「分かりやすい!」

「方法が具体的!」

 

などの簡単な感想でも結構です。

こちらのツイート↓を引用リツイートして、感想をツイートしてください。

 

 

私の方で感想ツイートを確認させていただき次第、リツイートさせていただきます。

 

私まんだりんのフォロワーは現在6,500人以上います。(毎月数百人ペースで増え続けています)

 

その中のほとんどの方がブログをやってる方、ブログに興味を持ってる方なので、私のアカウントでリツイートさせていただければ他のブロガーさんに存在を知ってもらえる可能性が増えます。

万一、感想ツイートをしても私が気づかないようであればご遠慮なくDMを送ってくださいませ。

Twitterアカウント:@10000darin
タイトルとURLをコピーしました